データベース化のメリット

まず、第一に、出力されたJEDデータはすべて施設に残るものです。
その為、これらのデータを用いて・・・

自施設での研究・解析・集計等への利用が可能に

  • 施設で公表するデータ、検査件数、成績、合併症などの管理が容易に
  • 構造化されたデータを利用した発表 / 研究が容易に
  • 合併症、診療実績などを一括管理することで、利用が容易に

オンデマンドによる、大規模データ解析としての利用が可能に

  • JED-Project データ適正使用委員会で審議の上となりますが、プロトコールを提出頂く事で、オンデマンドによるJEDデータの利用が可能に。

※JED-Project データ適正使用委員会は日本消化器内視鏡学会ホームページよりご確認下さい。
https://www.jges.net/medical/about/list/committee#jed_data

更には・・・

全国レベルで医療の水準の明確化と解析が可能に

  • 診療実績のデータ化により、適切な保険点数や償還を求めることが可能に
  • 内視鏡関連手技にともなうリスクを理解した上で、患者、患者家族と共に手術・治療の方針を決定する事が可能に。
JEDデータ集積イメージ